そろばん塾ピコ焼津校 > ピコのえいご

ピコのえいご

英語が重視される時代へ・教育課程も変わりました!

  1. 中学で学ぶ英語の一部が小4からスタートします。
  2. 「読む・書く」だけでなく、「聞く・話す」ことに重点が置かれるようになります。
    2020年から大学受験に英語の「話す」が出題されます。英検もすべての級でスピーキングが必要となります。
  3. 数学など英語以外の教科でも、問題が英語で出題されるようになります。

どうすれば英語力が身につくのでしょうか?

こんな声を多く耳にします。「英語力をつけるために、小学生時代から子どもを英会話教室に通わせていましたが、なかなか上達しませんでした。上達しないどころか、中学生になって英語の成績が???な状態なのは何故なのでしょう?」

  1. 英会話を習得するためには、英会話教室だけではなく家でも学校でも英語を使う環境が必要です。
  2. 英会話教室での学びの方法は、語学習得のあらゆる要素を少しずつカバーするやり方です。
    語学習得のためには、単語・文法・長文読解・リスニング・スピーキング…の1つ1つを確実にマスターする必要があるのに、あらゆる要素を少しずつしかしないので、どれもなかなか身につかないのです。
  3. 英会話は、日本の受験英語には直接結びつきません。受験英語は「読む・書く」が中心です。

そこで、京大生たちの実体験から出した結論

それは…「英語力は単語力」

小学生がやるべき第一段階は、徹底した単語の習得です。英語のすべてを広く・浅くやるのではなく、単語に特化した学習をする。圧倒的な単語力は圧倒的な英語力を生みます!

「文法や構文を覚えることが苦痛だから、英語の勉強に挫折してしまう」

こんな声も多く耳にします。
受験勉強のために文法や構文を覚えるのは、本当に苦痛ですね。とても非人間的で、苦しい修行のようです。英語圏の子どもたちは、文法や構文なんて、覚えようとしていません。単語を無意識にどんどん吸収しているだけです。

一番単語を覚える年齢は、実は8歳(小学校2年生)なのです!

日本に住んでいる子どもたちも、8歳くらいに日本語の単語を無意識にたくさん覚えます。一番言葉を吸収する時期なんです。もし、この時期に「意識的に英語の単語を覚えることができたら…」より自然に英語がわかるようになる。こんな考えから「ピコのえいご」のプログラムができました。

「ピコのえいご」のプログラムは、4技能英単語検定協会の検定試験に完全対応しています

プログラムにそって学べば、25級から確実に合格することができます。1級合格(1000の話せる英単語をマスター)まで240講座(週1回50分)、年長さんから取り組めます。どの学年で、いつからはじめても大丈夫。
短期間で集中して学ぶ、まとめ学習もできます。

まずはお試し!
無料体験レッスン!!
お電話でのお問い合わせ

054-639-7228

メールでのお問い合わせ

そろばん塾ピコ・フラッシュ暗算

ピコのえいご